ドラマセラピーについて3:大人もドラマの力で変わっていける



ドラマセラピーについて2からの続きです。)

英語教師だった時の子供達の変化、そして自分自身の子ども時代のこと、色々なことが繋がってきた時、さらに気がついたことがあります。

それは、「大人もドラマの力によって変わることができる」ということ。


a0349188_11112838.jpg


プロのアカシックレコードリーダーになる前、私はノウイングスクール(旧ゲリーボーネル ジャパン)の本科に(のちに専科へも)生徒として13ヶ月通っていました。

その卒業パーティで、コミック&ミュージカル劇の発表をしたんですね。

タイトルは「ナグチャンパ売りの少女」(笑)

昔話(マッチ売りの少女)のパロディ版をクラスメイトの一人が作り、それを元にしてさらにリメイク。

アカシックレコードならぬ「オカシックレコード」の世界で起こる摩訶不思議な出来事の中で、主人公(3人娘)が自分自身に目覚めていくという抱腹絶倒のストーリー。

私が脚本を書き、ナレーターと舞台演出も担当しました。

役者たちは(クラスメイト)自分たちのやりたい役に分かれて(魔女や、忍者などetc)チームごとに、相談&練習。

不思議と、みんな自分たちの過去生に所縁のある役を演じることになったのは、とっても愉快でした。

五反田歌劇団とは、私たちの劇チームの名前。

宝塚歌劇団をもじったこの名前、かなりお気に入りです(^^)

そうして、劇団みんなで2ヶ月強かけて卒業パーティに向けて準備していったのです。


この芝居の練習中、いくつ「名場面」を目撃したでしょう。

クラスルームでは見たことのなかったその人の表情を見て、はっとしたり、、、
その人の口から出る言葉を聞いて、グッときたり、、、

目の前で演じているのは、その人ではない「役柄としてのその人」です。
でもその中に、ありありと「その人そのもの」が映し出されているんですよね。

初めてその人のことを理解できたなと思ったこともあったし、
今まで話をするチャンスがなかった人と、どんどん心が近くなったり、

相手の様々なものを発見していくプロセスは、すごくエキサイティングで感動的でした。

卒業パーティの本番、芝居は大成功に終わりました。

私は舞台の袖でキラキラのみんなを見ながら、嬉しくて嬉しくて、ブラボーを叫び続けました。

拍手しながら、自分の価値観が大きく変わっていることにも気づきました。

少し前の私ならば、舞台の上で演じている役者でいることを選んだでしょう。

でも私は、変わっていくメンバーを舞台の横から見ていることで満足でした。

みんなの「目撃者」で「証人者」で、そして「サポーター」の自分でいることの方が、何百倍も大事こと、自分にとって価値のあること、、、

いつの間にか、自分の中の価値観が、そう変わっていることに気付いたのです。



a0349188_11151413.jpg


劇が終わった後のこと。

劇を一緒にやったメンバーたちの何人かから、個別にメッセージをもらいました。

「今まで、人とどうして接したらいいのか分からず、クラスでも一人ぽっちを感じていた。でも劇を通じて人と話したり笑ったりすることが出来て嬉しかった。」

「こんな大胆なこと初めてした気がする。でも快感になったかもしれない。自分がこんなにユーモラスだとは思わなかった。新たな自分を発見できたよ、ありがとう。」

「子どもの頃の苦い経験で、人に注目されることは自分の中で嫌なことだったけれど今回の劇でそれが喜びと楽しさに変わったよ。」

「思い切り悪役に徹して気持ち良かった。何だか言いたいことを言って、やりたいことをやった感じ。2ヶ月すごく楽しかった。」

「できるわけないと思っていたのに、気がついたらやっていた。楽しくて、楽しくて劇の間は笑ってばかりいた。演っている自分が不思議だった。ありがとう。」



a0349188_11544162.jpg



練習も含めたドラマ作りのプロセスの1つ1つ、あの時間はドラマセラピーの(もっというとセラピューティック シアターのプロセス)に近いものだったと思います。

「大人だってドラマで変われるんだ。私はそれを目撃したんだじゃない。」
「それは、距離が生まれたから?それだけかな?」
「それだけじゃない気がする、、、なんだろう?」

JDTI (Japan Drama Therapy Institute)のワークショップに参加したのは、そんな質問を心の中で繰り返している時でした。

「ドラマセラピー」という言葉を、ネットで見つけた時の驚き!

きっとこれだ!ピピッ!!

その場で即2日間コース参加希望を送信。

そして迎えた2日間は、私にとってまさに「革命」の2日間でした。

驚いたり、はしゃぎまわったり、
しーんと自分と向かい合ったり、
頭をぐにゃぐにゃにしたり、
涙が溢れ出したり、
ゲラゲラお腹がいたくなるくらい笑ったり、
そして、今まで気づかなかった自分を見つけて対話したり、、、

この2日間コースの中には「そう、そう、これだ!」と探していたものが全てが詰まっていました。

あまりに興奮して、しばらくは夜に眠れなかったほど、、、

眠れぬ夜、自分がワークショップで体験したこと、気付いたことを全てノートに書き綴っているうちに、ひらめいたアイディアがあります。

それは、自分がやっているアカシックレコードリーディングと、このドラマセラピーを組み合わせたらどうだろう?ということ。

この時、私はすでにアカシックレコードリーダーのプロ認定に合格をしていました。

もし、私がその人にぴったりのシチュエーションをアカシャからの情報で設定できたら、どうなるだろう?

それができたら、その人はドラマでより大きく変わっていけるのでは?

ワクワクとドキドキが自分の奥の方から湧き上がってくるのがわかりました。

「ああ、私はこっちに進んでいきたいんだ」そうハッキリわかった瞬間でした。



a0349188_11522365.jpg



このワークショップに出たあと、私は英語教師を辞める決意をしました。

可愛い生徒たちや、長年お付き合いをしてきた成人の生徒さんたちと別れるのは、本当に辛いことでした。

でも、自分の気持ちに嘘はつけなかったんです。

英語教師を辞めることを告げると同時に、アカシックレコードセッションのお申し込みが急激にグンと増えてきたこともあり「この道で間違いはない」という確信もありました。

それからの日々は、、、

自分のセッションを調整しながら、JDTIの関東のワークショップには全て参加。

ドラマセラピー学会の尾上先生(日本で初めてドラマセラピストになった方です)の連続セッションも基礎コースも受講して、学びを進めていきました。

もっと深く知りたい。
もっと、もっと深くドラマセラピーを知りたい。

やればやるほど、ドラマセラピーに私は夢中になっていきました。

そして、やっていくうちに見えてきたのは「ドラマの力」の奥にある「遊びの力」の持つ大きさです。

なぜ、ノウイングスクールのメンバーが変身していったのか?

なぜ、私が2日間のワークショップで劇的な変化を体験したのか?

役を通して別人になることで、得るものがあるから、、、

たしかにそうです。

でもね、その奥に、もう1つ大事な要素があるんです。

なんだと思いますか?

シンプルに言えば、、、

「楽しさ」があるからです(^^)

「遊ぶ」という行為の中には楽しさがありますよね。

楽しさは、人に「Why try? 」をもたらします。

「やったことないけれど、やってみようかな?」
「こんなことしたら、もっと楽しいかな?」

といった具合に。

楽しく遊んでいるうちに、人は自分の中にある自発性や創造性を活性化していくことができるんですね。

じゃあ、どうしたら楽しく遊べるのか?

それが鍵!

特に大人は、世間体とか常識とか責任とか、日々様々なものに縛られています。

心から楽しんで遊ぶこと、なかなか難しいですよね。

その大人が、夢中になって遊びながら&楽しみながらドラマの世界に入れたら?

自発性や創造性を刺激されるだけではなく、大きな解放が起こるでしょう。

新たな自分を発見することにもなるでしょう。

自己理解、自己認識も深まります。

ーあの時、どうして大人たちが変わったのか、わかった!

ー心から楽しんで遊びながらドラマを演じたからこそ、大人だったにもかかわらず変わったんだ。

そう気付いたのです。


a0349188_11185446.jpg


プレイ(遊び)がプレイ(芝居)と同じだというのも、偶然ではないんですよね。

プレイ(遊び)の中にある力は、ドラマの力と同じなんです。

それは癒しの力であるばかりでなく、人の中に眠っている自発性や創造性を活性化させ、さらには「新たな自分に目覚めさせていく」力を持っているのです。

本場で、もっと深く学びたい!

自分の中にある情熱を形にしていきたい!

こうして日本でドラマセラピーを学びながら、自分の中で今までの様々な体験が腑に落ちていき、ついに私は留学する決意を固めたのです。

その4へ続く。)




夏の一時帰国セッションのスケジュールはこちらですCLICK

NEW!ドラマセラピーを入れた新メニュー! 44人限定モニター価格CLICK

ドラマセラピーの1日ワークショップを日本で開催しますCLICK

チャネリング講座7月の連休に日本で開講しますCLICK

イシリス33メソッド養成講座 7月〜9月日本で開催しますCLICK

●OSHO 禅タロット講座:2018年 7/7日本で開催します→ CLICK




★HPはこちらです↓

「生まれてきた喜びを感じながら生きていくために」


アカシックリーディング+ドラマセラピー&潜在意識の変換イシリス33メソッドのセッションを行っています。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


★ナオミの秘密の屋根裏部屋はこちらです→ CLICK!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



























[PR]
by Felicia4u | 2018-06-23 11:22 | ドラマセラピー
<< セッション&講座お申し込み状況 ドラマセラピーについて2: 私... >>