日食2018.2 月★個人のパラダイムシフトのタイミング




今日は日食ですね。

この日食は一体どんな意味を持つのかな?と、少し前にアカシャに尋ねてみると「個人的なパラダイムシフト」だと答がかえってきました。

さらにチャネリングでアバターの1人、守護天使のダニエルに「どういう意味で、パラダイムシフトなんだろう?」聞いてみると、、、


「当たり前だと思っていた前提を解放することでもあります。」

「積極的な意味において、手放すということ、そして、より精神的にも肉体的にも健やかな生き方を自分に与えていくということです。」

とのこと。

つまり、分かりやすく言うと(私は演劇大好き人間&ドラマセラピーをやっているので、こういう言い方になるのですが)

当たり役だからと言って、ずーっと同じ劇場で同じ役をやり続けていると、それが当たり前になっていきますよね。

さらに「それがなくなった自分」を恐れるあまり、同じ役をやり続ける毎日を繰り返し続けてしまうかもしれません。

確かにそれは一見「安全」に思えるかもしれませんが、同時に自分の可能性や成長をストップしてしまうことと一緒なんですね。

知らない間にどっかりと根をおろしてしまったところから立ち上がって、今までに蓄えてきた自分個人の力を信じ、新たな役に挑戦してみたらどうなるかな?

この日食は、そんな問いかけをしているんです。


a0349188_09585135.jpg


例えば、、、

「誰々さんの奥さん」とか「誰々さんのお母さん」といったアイデンティティが自分の大半を占めている人がいたとしたら、、、

誰かに付属している自分ではなく「私という一個人」という部分に焦点を合わせた生き方へと、その人の生き方が大きくシフトしていく感じ、、、

自分として生きて行く、と言ったらわかりやすいでしょうか。

それによって、(いい意味で)、ご夫婦関係やご家族関係が変わっていく可能性は大だと思います。

また、、、

「これがあって当たり前」と思っていたものが日常生活から姿を消し、今までとは全く違ったものが自分の世界の大事なパーツとなっていくタイミングだとも言えるでしょう。

そういった意味での「個人的なパラダイムシフトだよね?」と、確認すると、、、

小さな花びらのような羽が、たくさん降ってくるビジョンがきました。

これは、彼らからの「正解!」という合図です(^^)


a0349188_10141390.jpg


私は個人的に、自分の中で主役級だった役が変わってきたな〜と感じています。

今まで断トツで大きなパートを占めていた「(広い意味での)ティーチャー」という役から、「(広い意味での)クリニッシャン」という役へ、、、

過去生でも前世でも教職や神職には深く関わってきましたが、医療従事者として自分を見つめたことはあまりなかったんですね。

でも、かなり沢山やっていた事に気がついたんです。

そこに気がついた時、実は医療というフィールドとも昔々から実は深いご縁があったじゃない!と気がつきました。

エジプトでも、ギリシャでも、ドイツでも、、、

もともと、ドラマの起源は医療と深く関わっていて、ドラマの本来の目的の1つに魂の癒しがある事を考えると、「そうだよねぇ、納得!」なのですが。。。

さらに「最終的なブラッシュアップをする、詰めの段階に入りましたよ!」と、今ちょうど私の間近でサポートしている医学博士のアバターに告げられました。

わお!
しごかれそうで、ちょっとドキドキです(^^:

この日食が、私たち一人一人の認識がいい意味で刷新され、新たな可能性へと自分の羽を広げていくタイミングとなりますように!

Love Yorself & Your Life★


夏の一時帰国セッションのスケジュールはこちらですCLICK

NEW!ドラマセラピーを入れた新メニュー! 30人限定モニター価格CLICK

ドラマセラピーの1日ワークショップを日本で開催しますCLICK

イシリス33メソッド養成講座 7月〜9月日本で開催しますCLICK

●OSHO 禅タロット講座:2018年 7/7日本で開催します→ CLICK

NEW!ビジョン実現講座(連続4回)9月開講しますCLICK


★HPはこちらです↓

「生まれてきた喜びを感じながら生きていくために」


アカシックリーディング+潜在意識の変換イシリス33メソッドのセッションを行っています。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


★ナオミの秘密の屋根裏部屋はこちらです→ CLICK!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



[PR]
by Felicia4u | 2018-02-16 10:11 | メッセージ
<< 夏の一時帰国セッションのスケジ... OSHO禅タロット講座7/7(... >>